季節のあいさつ文 秋 手紙 お礼状 秋の季節のあいさつ文の書き方一覧

秋の季節のあいさつ文【9月の季節のあいさつ文】エントリー一覧

秋の季節のあいさつ文【9月の上旬(初旬)の季節のあいさつ文】
九月になりましてもなお厳しい残暑が続いておりますが、お変わりございませんでしょうか。台風一過の空がことのほか青く澄んで、心地よい秋日和となりました。厳しかった夏の日差しも、秋風とともに和らいできました。いよいよ勉学の秋です。すがすがしい秋風の吹く頃となりましたが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。相変わらず暑い日が続きますが、朝夕の風には確かに秋の気配を感じます。
秋の季節のあいさつ文【9月の中旬の季節のあいさつ文】
暑さ寒さも彼岸までと申しますが、このところめっきり涼しくなってまいりました。せみの声に替わって、虫の音が本格的な秋を告げております。秋の長雨とは申しますが、例年になく雨が多く、さわやかな秋晴れの空が恋しいこのごろです。野に咲いた秋の七草が風に揺れる頃となりましたが、お元気ですか。スポーツの秋に誘われて、フィットネスクラブの会員になりました。
秋の季節のあいさつ文【9月の下旬の季節のあいさつ文】
暦の上では秋分も過ぎ、心なしか日の入りも早まったように感じます。夏の夜の寝苦しさから解放され、気持ちよく眠りにつける季節を迎えました。秋の行楽シーズンを迎え、家族サービスをせがまれるこのごろです。まぶしい秋の日ざしの中、稲穂もたわわに実る季節がやってきました。いきおい秋めいて、ともすれば朝晩は肌寒さを感じるようになりました。